バセドウ病

バセドウ病とは?〜実はクレオパトラもかかっていた!

バセドウ病とはどんな病気なのでしょうか

 

バセドウ病という病名は耳にしたことがあっても、それが実際にどのような病気なのかを詳しく知っている人は意外に少ないと思います。

 

バセドウ病とは、この病気に関してレポートしたドイツのお医者さんであるバセドウ氏の名前が由来となっています。

 

ちなみに、アメリカやイギリスなどでは、グレーブス病という名前で呼ばれています。グレーブスというのは、また別のお医者さんの名前のようです。

 

日本ではバセドウ病について「甲状腺機能亢進症」などと呼ばれることもあるようですが、厳密には両者はまったく同じ病気を指すものではありません。

 

甲状腺機能亢進症になる原因として一番多いのが、バセドウ病ということになります。

 

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰になることで体全体の代謝が高まって、さまざまな弊害をもたらすのが特徴的です。

 

また、体に異常をきたすだけではなく、精神的にイライラや怒りやすくなるなどの症状がみられるのも大きな特徴です。

 

このサイトでは、バセドウ病に関するそれらのさまざまな特徴について詳しく解説しています。

 

スポンサーリンク

 

バセドウ病はなぜ美人病と呼ばれるようになったのか?

古代エジプトの女王クレオパトラは、絶世の美女として有名ですが、実はバセドウ病を発症していたのかもしれない、という説があることはご存知でしょうか?

 

バセドウ病は別名「美人病」とも呼ばれており、美人に多く発症するとも言われています。

 

ここでは、その理由について解説してみたいと思います。

 

《この記事の続きを読む》

 

発病しても仕事を続けることが出来るのか?

バセドウ病は全体のおよそ1パーセント程度に発生する病気であり、決してそう珍しいものではありません。

 

調べてみると、バセドウ病であることを公表している有名人も少なくないことがわかります。

 

もしも彼らと同じようにバセドウ病を発症してしまった場合、今まで通りの仕事を続けられるのかを不安に感じたり、耳慣れない病気に絶望してしまう人もいるようですが、実際のところはどうなのでしょう?

 

《この記事の続きを読む》

 

バセドウ病を発症する原因とストレスとの関係を考えてみる

ある程度の治療方法は確立しているのに、発生する原因が解明されていない病気は少なくありませんが、バセドウ病もそのひとつです。

 

甲状腺ホルモンの分泌が増えてしまうことでさまざまなトラブルを発生させてしまう病気です。

 

発生の原因そのものはわかっていませんが、ストレスが大きく関係していると言われています。

 

《この記事の続きを読む》

 

タバコが発病にあたえる大きな影響とは?

タバコは「百害あって一利なし」とも言われ、増税による値上げをきっかけに禁煙に踏み切る方もふえているようです。

 

バセドウ病を発症する原因は今でも特定できてはいませんが、実は喫煙者に患者がとても多いと言われています。

 

こちらではタバコがバセドウ病に与える影響についてご紹介します。

 

《この記事の続きを読む》

 

バセドウ病になっても運動をすることは可能なのか?

甲状腺ホルモンには、新陳代謝をコントロールする役割があります。

 

この甲状腺ホルモンが大量に分泌されてしまう病気を甲状腺亢進症と呼び、その一つがバセドウ病です。

 

バセドウ病と診断された時、いままで通りの運動を続けることができればよいのですが、全ての方がそうだとは限らないようです。

 

《この記事の続きを読む》

 

さまざまな治療方法と再発のリスクを考える

自己免疫疾患といえば治療がとても困難な病気の1つであり、現在の医療技術では完全な治療は出来ないと言われています。

 

バセドウ病も自己免疾患のひとつであり、その原因を完全に治療しきることは難しいと言われています。

 

治療を行い一度安定しても、数年後に再発する可能性や、他の症状が現れる場合があります。

 

《この記事の続きを読む》

 

入院による治療にはどのようなものがあるでしょうか?

バセドウ病の治療法にはいくつかありますが、入院を必要としない投薬治療で完治する場合があります。

 

しかしこの場合、数ヶ月から数年間は投薬治療のため、通院を続ける必要があります。

 

治療薬が合わないときや、治療のための時間が取れないときは、他の入院を必要とする治療を選択する場合もあります。

 

《この記事の続きを読む》

 

バセドウ病が妊娠出産にあたえる影響

バセドウ病とは、甲状腺機能に異常が出る病気です。治療のために何年もの間、薬を飲み続けている方も珍しくありません。

 

このような状態が続きますと、子どもの妊娠出産は大丈夫なのか不安になるものですし、遺伝も気になります。

 

しかし実際には、バセドウ病だからといって妊娠や出産をためらう必要はありません。

 

《この記事の続きを読む》

 

病院で行うバセドウ病の検査にはどのような種類があるのか

バセドウ病とは、新陳代謝が激しくなることで動悸や息切れ、疲労に加えて、いらいらしたり不眠などの症状が出る病気です。

 

加齢や生活環境の変化によるものと決めつけてしまい、病気であると気付かない方も多いようです。

 

自分で勝手に判断するまえに、まずは検査を受けることが大切です。こちらでは、バセドウ病の検査方法についてご紹介します。

 

《この記事の続きを読む》

 

精神症状との関係について考えてみる

最近になって汗をかきやすくなり、急激に体重が落ち、さらに首元が腫れ、目が突き出てきた…という場合には、バセドウ病を真っ先に疑うべきです.

 

しかし、バセドウ病の場合、このような体調の変化より先に精神症状が現れる場合があります。

 

《この記事の続きを読む》

 

手術で治療する必要があるバセドウ病とは?

バセドウ病とは、新陳代謝が速くなってしまうことで発汗が多くなり、疲れやすくなる症状をもつ病気です。

 

体重が著しく減少したり、脈拍も速くなってしまうのが特徴であり、芸能人やプロのスポーツ選手にもみられ、それほど珍しい病気ではありません。

 

その治療方法として、時には外科的な手術を必要とする場合もあります。

 

《この記事の続きを読む》

 

親の遺伝によって子供に与える影響は大きくはない

子どもが誕生するとき、気になるのは病気です。特に親から子どもへと遺伝する性質の病気は気になるものです。

 

バセドウ病も遺伝が影響する病気のひとつだと言われていますが、実際はどうなのでしょう?

 

こちらでは、バセドウ病の遺伝について考えてみます。

 

《この記事の続きを読む》

 

バセドウ病の患者が知っておくべき食事に関する基礎知識

バセドウ病とは、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの量が増加することで、代謝が激しくなってしまう病気です。

 

その結果としてエネルギーが多く消費され、汗の量も増えてしまいます。つまり、エネルギーの使われ方が健康な方とは違ってしまうのです。

 

もし、あなたがバセドウ病であると診断された場合、その後の食事にはどう気をつければよいのでしょう? 

 

《この記事の続きを読む》

 

バセドウ病眼症が起こる理由とは?

バセドウ病でみられる顕著な症状として、発汗やだるさ、疲れやすさなどがありますが、一部の患者の中には顔の印象が変わるほど眼球が飛び出てしまう場合があります。

 

これを本来の病名と区別して「バセドウ病眼症」よぶ場合があります。

 

いったいなぜ、このように眼球に異常をきたしてしまうのでしょうか? 

 

《この記事の続きを読む》

 

発病する原因となる自己免疫機能の異常とは?

新陳代謝が必要以上に活発になることで、脈拍が速くなって体温が上がったり、虚弱体質になったりなどさまざまな影響があらわれる病気がバセドウ病です。

 

その原因はどこにあるのでしょうか?実は、人体に備わっている「免疫機能」が大きく影響していたのです。

 

《この記事の続きを読む》

 

薬による副作用によってどのような症状があらわれるのか?

バセドウ病の治療といえば、基本的には長期間の投薬治療となります。

 

早ければ飲み始めから数ヶ月後には症状が安定しますが、それでも年単位での投薬を続ける必要があると言われています。

 

しかし気になるのは副作用であり、人によっては副作用がつらすぎるという理由で、他の治療法に切り替えるケースもあるようです。

 

《この記事の続きを読む》

 

さまざまなバセドウ病の治療方法とその治療期間

ひとたびバセドウ病を発症すると、動悸や息切れ、多汗などの症状がみられます。

 

少しでも早く治療をすすめたいものですが、「甲状腺の治療」と言われると構えてしまうものです。

 

こちらでは、バセドウ病の治療方法と、完治までの期間についてご紹介します。

 

《この記事の続きを読む》

 

バセドウ病を自己診断のためのチェック方法

バセドウ病の症状といえば、虚弱体質や発汗、イライラしやすくなるなどがあります。

 

しかし、加齢や生活習慣の変化などによっても、これらの症状は表れてしまうものであり、なかなか発症に気づきにくいことも多いようです。

 

それまで問題なく出来ていたような運動が、最近になって出来なくなったり、同じことをしても時間がかかるようになったなどの変化がみられた場合、実はこれらをあるチェック方法で試すことができます。

 

《この記事の続きを読む》

 

更年期障害に似た症状があらわれるのが特徴です

体がだるく呼吸が荒くなり、やけに疲れやすくなったと感じた場合、多くの場合は加齢によるものでしょう。

 

人間ならば、誰もが年齢に勝つことはできないものです。

 

しかしそれらの症状が、もしもバセドウ病からくる症状だとしたらすぐに治療する必要があります。

 

《この記事の続きを読む》

 

甲状腺機能低下症というのはどのような病気?

バセドウ病とは、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうことで、手の震えや脈拍の上昇、代謝が速くなるため多汗や体重低下などの問題があらわれる病気です。

 

一方で甲状腺ホルモンの分泌が減った場合には、代謝が遅くなることで脈拍の低下や体重の増加をはじめとする、さまざまな内臓のトラブルを発生させます。

 

これは「甲状腺機能低下症」と呼ばれています。

 

《この記事の続きを読む》